toggle

夏、藍

 

この羽織は、麻で仕立て、琉球藍で染められている。

軽く爽やか、夏によい一枚である。

 

Online store

2017年6月3日 | 日記

 

「籠」はじまりました

 

在廊中は、「籠」にお越しくださいまして心より御礼申し上げます。

 

会期:

2017年4月29日(土・祝)- 5月14日(日)

午前11時 - 午後6時

 

会場:

gallery白田

京都府船井郡京丹波町森山田7 [MAP]

電話: 0771-82-1782

 

2017年5月4日 | 日記

 

第2回 にほんくらし籠展

 

美しい丸籠は、優しい笑顔の柔らかな手から生まれる。

 

あけび蔓籠の名工 中川原信一氏による製作実演。

「第2回 にほんくらし籠展」、南青山のCenter for COSMIC WONDERにて。

2017年4月17日 | 日記

 

「籠」

 

4月29日(土・祝)より、「籠」を開催いたします。

 

会期:

2017年4月29日(土・祝)- 5月14日(日)

午前11時 - 午後6時

*休館日:5月8日(月)、9日(火)

 

4月29日(土・祝)、30日(日)在廊いたします。

 

会場:

gallery白田

京都府船井郡京丹波町森山田7

電話: 0771-82-1782

 

DMデザイン:

Design studio SYU

2017年4月10日 | 日記

 

欅椅子

 

木の樹齢はどのくらだろうか。

椅子となりどのくらい経つのだろうか。

2017年4月7日 | 日記

 

竜宮衣 原始ノ布

 

ひとときだけ、その入り口は開かれた。

その先は、いつでもない、どこでもない。

それは美しい幻をみた。

 

COSMIC WONDER 20周年パフォーマンス「竜宮衣 原始ノ布」にて。

2017年4月2日 | 日記

 

渡邊浩幸 小さな木の食器

 

木の食器。

使って、時が経って、

持ち主のものとなっていく。

2017年2月7日 | 日記

 

田中茂雄展

 

その美しき器は場を清めているかのようにみえる。

「田中茂雄展」、南青山のCenter for COSMIC WONDERにて。

2017年2月4日 | 日記

 

交わる二つの精神

 

極めて興味深い展示がはじまろうとしている。

Center for COSMIC WONDERにて開催される、「田中茂雄展」。

 

どちらも日光土心で取り扱う作家、説明は不要であろう。

 

縄文時代、朝鮮の手仕事への関心、この点で両人は共通しているが、

それだけではないように思う。

 

COSMIC WONDERの衣を身に纏う時、

言い難い感覚を得る、心地良い感覚を。

田中氏の器を手に取る時、器を通じて食物を口にする時、

これまた言い難い感覚を得る、心地良い感覚を。

 

共に物自体が美しいのは無論、その内に秘める神秘を感じる。

物質としてのみ作られる物ではなく、その精神を映して作られる物である。

それは宇宙へと繋がる精神であろう。

 

氏の李渓窯の近くに「竜宮」へ通じると云われる淵があり、

間もなく発表されるCOSMIC WONDERの新作は「竜宮衣」である。

これもまた何かの引き合わせであろうか。

 

本展は単なる工藝展ではあるまい。

両人が共鳴する源流を観よう。

 

「田中茂雄展」

2017年2月4日(土)− 2月12日(日)

 

Information

 

2017年1月30日 | 日記

 

1 2 3