toggle

美しい島の手の仕事

 

2016年 夏、沖縄へと籠の旅をしました。

 

毎回、事前の下調べなく、現地の情報を頼りに車を走らせます。

本島は集落から集落へと人づてに、西表島にも渡りました。

 

それを生業の一部にするかしないかに関わらず、

多くの方が植物を使って籠や道具を作っていました。

沖縄では今も道具作りが人の身近にあります。

 

日本本来の暮らしぶり、その一旦を沖縄でみました。

 

 

旅の最終日、ふと、「竹富島」という文字が目に入り、

急遽予定を変更し、島へと渡りました。

 

そこで美しい手の仕事に偶然出会いました。

 

月桃は島で「サミ」と言います。

 

縄綯いがとても丁寧なものです。

それは島民の几帳面な気質からでもあると聞きました。

籠を作るための縄がとても美しいもので、

今回は籠の他に、この縄も特別に注文しました。

 

サミは香りが高く、心が落ち着きます。

 

Online Store

2017年8月5日 | 日記

 

SOMA

 

針葉樹を使う。

日本の木をみなおし、

日本の美しい山へもどす。

 

SOMAを通じ、

日本の山=自然をおもう。

2017年7月11日 | 日記

 

「籠」開催

 

在廊中は、「籠」にお越しくださいまして心より御礼申し上げます。

 

会期:

2017年4月29日(土・祝)- 5月14日(日)

午前11時 - 午後6時

 

会場:

gallery白田

京都府船井郡京丹波町森山田7 [MAP]

電話: 0771-82-1782

 

2017年5月4日 | 日記

 

「籠」

 

4月29日(土・祝)より、「籠」を開催いたします。

 

会期:

2017年4月29日(土・祝)- 5月14日(日)

午前11時 - 午後6時

*休館日:5月8日(月)、9日(火)

 

4月29日(土・祝)、30日(日)在廊いたします。

 

会場:

gallery白田

京都府船井郡京丹波町森山田7

電話: 0771-82-1782

 

DMデザイン:

Design studio SYU

2017年4月18日 | 日記

 

第2回 にほんくらし籠展

 

美しい丸籠は、優しい笑顔の柔らかな手から生まれる。

 

あけび蔓籠の名工 中川原信一氏による製作実演。

「第2回 にほんくらし籠展」、南青山のCenter for COSMIC WONDERにて。

2017年4月17日 | 日記

 

欅椅子

 

木の樹齢はどのくらだろうか。

椅子となりどのくらい経つのだろうか。

2017年4月7日 | 日記

 

竜宮衣 原始ノ布

 

ひとときだけ、その入り口は開かれた。

その先は、いつでもない、どこでもない。

それは美しい幻をみた。

 

COSMIC WONDER 20周年パフォーマンス「竜宮衣 原始ノ布」にて。

2017年4月2日 | 日記

 

渡邊浩幸 小さな木の食器

 

木の食器。

使って、時が経って、

持ち主のものとなっていく。

2017年2月7日 | 日記

 

田中茂雄展

 

その美しき器は場を清めているかのようにみえる。

 

「田中茂雄展」、南青山のCenter for COSMIC WONDERにて。

2017年2月4日 | 日記

 

1 2 3