Exhibition

Exhibition
Japanese basketry

  • 籠展をご案内申し上げます。

    秋田〜沖縄まで、私の愛する名工方が拵える美しい日本の籠をご高覧ください。

     

     

    日本の籠のはじまりは、約1万6千年前に遡ります。

    日本の籠の編み方は、この頃に完成しました。

    日本の籠の材料は、世界でも類をみないほど多種類です。

    日本の籠は。。。

     

    とりあえず学術的なことは、横に置いておきましょうか。

     

    そして、今ここにある籠だけに意識を向けてみてください。

    籠を通してあなたの中から湧き上がるイメージ、それこそが大切なことなのです。

     

    今日も職人は籠をつくり、あなたは籠をつかい、わたしは籠と共に旅します。

     

     

    Exhibition period:

    2020年7月9日(木) − 7月20日(月)

     

    Place:

    夏至(長野県長野市大門町54 2F / 026-237-2367)

June 27, 2020 | Exhibition

 

Exhibition
第5回 にほんくらし籠

  • 籠展をご案内申し上げます。

    秋田〜沖縄まで、私の愛する名工方が拵える美しい日本の籠をご高覧ください。

     

     

    一刻、そして一刻

    この手は籠をつくる

    一刻、そして一刻

    この手は老いてゆく

     

    いくつ、そしていつまで

    この手は籠をつくる

    いくつ、そしていつまで

    この手は老いてゆく

     

    一刻、そして一刻

    喜びあふれるこの籠を

    一刻、そして一刻

    喜びあふれるこの時を

     

     

    Exhibition period:

    2020年6月20日(土) − 7月2日(木)

    *中川原信一さんの製作実演は、中止となりました。

     

    Place:

    Center for COSMIC WONDER(東京都港区南青山5-18-10 / 03-5774-6866)

June 09, 2020 | Exhibition

 

Exhibition
日本の籠

  • 籠展をご案内申し上げます。

    皆様のご来場を心よりお待ちしております。

     

     

    日本には、古代から今に繋がれてきた手仕事が数々あります。

    現代の日常生活では、手仕事による品と工業仕事による品が生活にあわせて都合よく、どちらだけということもなく、現代のバランスの中で使われています。それらは全てが人によって作られてきたものです。私にとって、日本の籠は特別なものではなく、その中の一部ですが、只々好きなものです。

    会場に並べられた日本各地の籠に触れて、ご自身の心と生活の中に自然に溶け込むような籠がありましたら、どうぞお家にお迎えください。

    そして、素材や製法、難しいことは横に置いて、まずは籠と話をしてみてください。

     

     

    Exhibition period:

    2020年2月6日(木) − 2月17日(日)

     

    初日6日は、在廊いたします。

     

    Place:

    菜の花 暮らしの道具店(神奈川県小田原市栄町1-1-7 HaRuNe小田原 / 0465-22-2923)

January 25, 2020 | Exhibition

 

Exhibition
日本の籠 世界の籠

  • 籠展をご案内申し上げます。

    皆様のご来場を心よりお待ちしております。

     

     

    Light Years 前田淳氏と細矢直子氏が、世界各地を巡り収集した籠と、Light & Will 前田尚謙が、日本各地を巡り収集した籠を展示販売いたします。

    地球の「LIGHT」をご高覧くださいませ。

     

     

    Exhibition period:

    12月13日(金)− 22日(日)

     

    Place:

    1834(福岡県福岡市博多区住吉2-20-3)

     

    初日13日は、在廊いたします。

November 27, 2019 | Exhibition