toggle

地球を編む − 日本の籠 世界の籠

 

京丹波のギャラリー「白田」にて、籠展を開催させていただきます。

 

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

会期:

2019年5月18日(土)− 6月2日(日)

*22日(水)、29日(水)閉廊

 

LIGHT YEARS:

5月18日(土)− 5月25日(土)

 

Light & Will:

5月26日(日)− 6月2日(日)

*初日より、日本の籠も展示販売しております

*毎週日曜日に在廊いたします

 

会場:

ギャラリー白田

京都府船井郡京丹波町森山田7 
0771-82-1782
 

以下、白田のホームページより。

 

「地球を編む − 日本の籠 世界の籠」を開催いたします。

地球に生育する植物と人の手仕事から生まれる籠。

その土地に育つ植物で生活の必要から生まれる籠は、最も原初的は手仕事の営みをそのままに感じることができます。

また、その土地の精霊たちと共に作ったような人の想像の領域を越えた清々しい様相を感じることもできます。

 

Light &Will 前田尚謙氏は、東北から沖縄まで籠の職人を訪ね歩き、ときには職人と一緒に材料を採りに山へ入り、制作のときを共に過ごし職人の仕事とじっくりと向き合いながら日本の籠を収集します。

日本には様々な植物でつくられる籠が、いまだ多く残っていることを前田尚謙氏の活動で知ることになりました。

 

LIGHT YEARS 前田淳氏と細矢直子氏は、世界の手仕事を求めてモロッコ、インド、アフリカ、欧州、韓国など世界を巡る中で、様々な国の籠を収集します。その土地の植物でつくられる籠たちは、その国の暮らしを垣間みるようで、人がどのように創意工夫をして生活をしてきたのか、模様や形状から様々な国の民族性を感じることができます。

 

今回の展示は、Light & Will 前田尚謙氏とLIGHT YEARS 前田淳氏と細矢直子氏が収集されてきた籠を「 地球を編む − 日本の籠 世界の籠 」と題して、ひとつの空間で一緒に展示していただくことになりました。展示販売は、それぞれの期間で選りすぐりのものが並びます。

籠を通じて、地球のその土地と人の息吹を感じていただけましたら幸いです。

 

 

LIGHT YEARS 前田淳  細矢直子

博多駅に程近い場所に位置する。趣味的な好奇心から、インドやモロッコを訪れるうちに布ものを集め出す。2016年、世界の籠を紹介するお店 1834をオープン。籠探しに行く旅先での出会いが増え、2018年、MORE LIGHTをオープン。

 

Light & Will  前田尚謙

2013年 活動開始。2016年 重要伝統的建造物群保存地区 京都美山へ移住。日本各地を巡り、古から今、そして未来へと繫がる日本の籠を探し求める。

2019年5月13日 | かご籠, 日記