toggle

籠の記憶

日本列島は約7割が森林である。

南北に長い島国は複雑な地形や地層をしており、

北と南での温度差が大きく、そして四季がある。

そこには約6000種類と言われる多種多様な植物が生息する。

 

緑豊かな日本では暮らしの知恵から生まれた道具が様々にある。

その中で植物を使い編み組みして作られる民具、それらを称してここでは「籠」と呼ぶが、

地域により素材や作り方が異なり、用途に応じた種類は実に豊富である。

竹類、山葡萄、胡桃、板屋楓、あけび蔓、葛藤等、日本は素材に恵まれている。

 

縄文時代の遺物から「籠」は出土されている。

その頃より、網代模様編み、透かし編み、六ツ目編み等の編み方がすでにあった痕跡がある。

「籠」は人の暮らしに欠かせない道具であった。

 

人工素材を使った道具が大量に普及しはじめた頃、多くの職人が廃業した。

今僅かに残る職人も高齢化により、日本の「籠」は年々減少の一途を辿っている。

時代は2000年を越え、20世紀に憧れていた近未来から、

思いは原始へと還っているように思う。真に豊かであっただろうあの時代に。

 

土=地球から生え出し、空=宇宙に向かう竹、

何かを受信し伝達するための交信器のように見える。

 

「籠」は、太古の景色を覚えているのだろうか。

それら手に取ると、遠い記憶に触れる瞬間がある。

 

2017年1月28日 | かご籠

 

籠の道

 

日本の籠について何処まで知り得たであろう。

 

各地の職人を訪ね、教えを乞い、

僅かな知識を得たことは事実であるが、

この程度の仕事ぶりで良いのか自問する。

 

日本の籠を未来に残すために労している等、

大それた事を表することは毛頭ない。

籠そして職人にただただ心惹かれ、

美しい仕事と人を知る喜び、それだけである。

 

しかしながら、少なかれそれを仕事としている。

産地を訪ねる、仕事を見る、話を聞く、文献で調べる。

この程度の仕事ぶり、誰にでも出来るものである。

 

情熱を主として歩んできた道。

一段落したと思い振り返ると、

未だ何も得ていない事に愕然とする。

 

竹の事、植物の事、籠や産地の歴史、

知る事はそれだけではあるまい。

そして、作り手のみ知り得る手の感覚、素材との会話。

幾ら知識を深めたとて、これらを感ずる事はできまい。

その先を進むのであれば、自ら手を動かす必要もあろう。

 

先は長い。おそらくこの生涯では道の終着点に届くまい。

 

山の一号目にも達していない。

その麓に、軽装で近づいたに過ぎない。

2017年1月27日 | かご籠

 

格別な仕事

 

素材を識る。編み方を識る。

 

豊富な経験と知識から成る揺るぎない仕事、

日本の編み子の中でも特別な存在である。

 

Online store

2017年1月25日 | かご籠

 

美しい笊

 

畑に肥料を撒く際に使われる。

篠竹、山桜樹皮、藤を織るようして作られる。

 
日本の籠において、この「げし笊」は特殊で美しい。

 
Online store

2017年1月23日 | かご籠

 

繋いでいく

 

大雑把に見える籠と、几帳面に見える籠、

どちらが熟練の仕事に見えるだろうか。

 

一方の作り手から、もう一方の作り手へ、

世代交代が行われようとしている。

 

日本の籠が消え続けているのは確かである。

仕組みを作り残せる籠もあれば、そうでない籠もある。

後者は儚いが、美しさ、心の動く美しさがある。

前者は果たしてどうだろうか。

 

「かご籠」が求める籠は、心に触れる美しい籠。

歴史が長いか、伝統工芸であるかは重要とせず、

真に美しいものであるかどうか。

  

この異なる沢胡桃の籠は、何れも美しい。

 

Online store

2017年1月17日 | かご籠

 

籠か笊か

 

これが「笊」であると聞いて、

籠への考え方が変わったことを覚えている。

それまでは、形状の深いものが籠、浅いものが笊、

一見で区別していた。

 

地域ごとに用途に応じた様々な形状の籠や笊がある。

 

この「ふご」、一見では何物か判別し難い。

興味深い道具の一つである。

 

Online store

2017年1月15日 | かご籠

 

籠の旅行鞄

 

予てより籠でできた旅行鞄を思案していた。

革でもなく、布でもなく、籠の旅行鞄を。

 

山葡萄は年月と共に艶を増す。

旅行鞄は旅と共に記憶を重ねる。

 

代を継がれ残される籠になれば幸いである。

 

Online store

2017年1月9日 | かご籠

 

心がつくる

kagokago-41

 

あけび蔓の採取から籠を編むまで最良の仕事を経て、

この上ない出来栄えの籠となる。

 

しかし、籠がこのように素晴らしいのは、

それだけであろうか。

 

籠に触れると不思議な感覚がある。

持つ人を癒す薬のようにも感じる。

 

蔓を採っては自然に感謝し、

籠を拵えては使い手に感謝する。

 

美しい籠は、美しい心により形成される。

 

Online store

 

kagokago-42

kagokago-43

2017年1月8日 | かご籠

 

欅で籠をつくる

kagokago-44

 

「全て欅でできた籠を以前にも見たことはあったのか?」

 

この籠を依頼した後、職人に幾度か聞かれた。

欅を材料に使いはするが、全てを欅で作る事は、

過去にも一度あったかどうかと言う。

 

欅の籠は非常に珍しい。

木の伐採から製材までも一苦労だが、籠に拵えるのも難しい。

これまでに実物を見たことは無かったが、

名工であれば見事なものになると確信があった。

 

欅の籠をこのような出来栄えで作れるのは、

世界でも唯一人であると言っても過言ではない。

 

Online store

2017年1月7日 | かご籠

 

1 2 3 4